ミャンマーが公共のCOVID-19ワクチン寄贈で1000万ドルを受け取る

ヤンゴン–ミャンマー政府は、政府の要請から一週間以内に約1020万米ドル(130億チャット)のCOVID-19予防接種購入のための寄付金を受け取った。

政府は当初、2億5100万ドル(3350億チャット)を1月5日に割り当て、国民にも支援を求めた。

政府のCOVID-19ワクチン基金はその後、個人、企業、宗教団体から寄付を受けています。

ミャンマーのイスラム宗教委員会は日曜日、同基金に10億チャット以上を寄付したことを明らかにし、今もミャンマーのイスラム教社会からの寄付を受けている。

アウンサンスーチー州参事官が設立した 「アウンサンスーチー基金」 も一般からの寄付を受け付けています。

1月15日までに、同財団は5億3000万以上のチャットを政府に譲渡した。

CB銀行も20億チャットを寄付しました。

ミャンマー商工会議所連合会は会員から寄付を募り、1億5000万チャットがあつtまった。

ミャンマー最大のコングロマリット、エデン・グループのウ・チット・カイン会長は、150万ドル(20億チャット)を寄付、Aeyarwady Foundationの会長であるU Zaw氏は、すでに1100万ドル以上(147億チャット)をCOVID-19政府の取り組みに寄付しており、ワクチン用にさらに20億チャットを寄付した。

すでに1050万ドル(140億チャット)以上をCOVID-19に寄付しているKBZ銀行は、さらに30億チャット分のワクチンを寄付した。

ミャンマー軍は10億チャットを寄付したと伝えられている。

ミャンマーは、オクスフォード大学とアストラゼネカが共同開発した 「コビスヒールド」 を生産している世界最大のワクチンメーカーであるインド血清研究所に、3000万回分のCOVID-19ワクチンを発注した。ワクチンは2月にミャンマーに到着する予定です。

ミャンマーは当初7500万ドル(1000億チャット)を支払ったが、これはワクチンの注文額の半分である。総費用は成人集団全体で5億5000万ドル(7340億チャット)に達する可能性があり、一人当たり二回の用量が必要で,各Covishieldの用量は約5ドル(6,700チャット)である。ミャンマーでは、住民5440万人のうち40%がCOVID-19の予防接種を2021年末までに受け、残りの成人は2022~23年度中に受ける予定である。ミャンマーはまた、外交ルートを通じて中国、ロシア、英国、米国からCOVID-19のワクチンを購入しようとしている。12月19日以降、COVID-19の症例数は減少し、1,000ピーク時の1,400件を超えていたが、現在では件以下に減少している。日曜日にミャンマーは134,318例を報告し、うち2,955例が死亡、117,663例が回復した。ASEANではCOVID-19がインドネシア、フィリピン、マレーシアに次いで四位だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です