YBS、コロナの影響でバス料金改定へ

ヤンゴン州政府は、COVID-19大流行が終わればヤンゴンバスサービス (YBS) の料金体系を再構築する計画だと、ヤンゴン州のウ・ピョ・ミン・テイン長官がYBS 4周年記念式典で述べた。

YBS公共交通網は2017年1月16日に開通し, Ma Hta Tha (ヤンゴン自動車監督委員会)のサービスを終了した。

新しい価格設定は、COVID-19期間の終了後、YBSの持続可能性の改善と確保に向けられると、Yangon地域運輸局 (YRTA) の広報担当者は1月18日に述べた。

同関係者は、 「長官は、この制度が一定の成果を上げているが、改善を続けることが重要だと述べた。COVID-19の後に現在のバス料金を変更するのは事実です。YBSはCOVID-19において苦戦しています」 と広報担当者は話した。

YBSは現在、距離に応じてKs100、Ks200、Ks300、Ks500、Ks 1000の料金が請求されます。乗客数が少なくても運行しなければならないため、1日の損失は最大で Ks2,000,000に上る。

COVID-19のアウトブレイクの前は、YBSは毎日180万人の乗客を輸送していました。昨年九月初めには10万人にまで落ち込んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です