インドから150万回分のCOVID-19ワクチンを受け取る

ミャンマーが150万回分のCOVID-19ワクチンを今日受ける

ミヤンマーは今日、COVID-19の最初のワクチンをインドから受け取る。150万回分が届くことになる。アウンサンスーチーさんによると、来週までに75万人に接種が実施されるとのこと。

「1人に2回接種しなければなりません。初回投与28日後に再投与します。私たちは、最も効果的な方法でそれを行うことができるように、健康スポーツ省と計画を立てています」 と、1月21日に国の最新のCOVID-19状況を演説の中で述べました。

第1回の接種では、ボランティアを含む保健医療従事者が優先され、これにかんしては民衆も同意すると思う」 と話した。

「先ほど言ったように、医療従事者を最優先しなければなりません。これに続くのは政府の重要な役割を担う人々です」と、国家参事官は言った。

次のステップでは、在宅指導のもとで、町の住民に予防接種を行うことです。しかし、これは同時に実施するのは容易ではなく、手元にあるワクチンの数に依存します。これらの郡区では、推定1100万人が予防接種を受けるであろうとのべました。

「ワクチンがいつ、何回接種できるかははっきりしません。今のところ、第2弾は来週入荷予定です。」と述べた。

引用: https://www.mmtimes.com/news/myanmar-receive-15m-doses-covid-19-vaccine-today.html

これにより、多少社会が安定してくるのではないかと期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です