Ngapaliのホテル再開に対する反応がにぶい

Ngapaliのホテル再開に対する反応がにぶい

ガパリ支店のホテル・観光局の副局長によると、ガパリのホテル再開に対する反応は鈍い。

人気のビーチスポットのホテルやリゾートの約10%が営業を再開できましたが、観光客の数は期待外れでした。

「保健体育省のCOVID-19ガイドラインに沿って事業を運営しようとしています」 とU Myint Soe氏は述べた。

飛行機でンガパリに到着する人は検疫を受ける必要はありませんが、車で移動する場合は検疫が必須です。一部のホテルやリゾートは営業しているが、2ケタの訪問客しかない」 と話した。

Ngapaliビーチにある60のホテルのうち、Amazing Ngapali Resort Hotel、AZ Family Resort Hotel、Royal Linthar Lodge、Kyaw Myanmar Lodge、Htein Linn Thar Guest Houseの五つのホテルは、一月初めにCOVID-19の規則に従って再開が許可された。

しかし、1月7日にヤンゴンに戻ったゲストがウイルス陽性と診断された直後、アメイジング・ンガパリ・リゾートは営業停止に追い込まれたが、1月22日に再開した。

ホテル観光局によると、さらに10のホテルが関係当局に営業再開の許可を申請している。

ミャンマーの国内移動がスムーズになれば気分転換にビーチに行きたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です