新労働省がビザと移民の調査を開始

新しく任命された労働移民・人口問題担当のU Myint Kyaing労働大臣によると、ビルマは、COVID-19のパンデミックのために閉鎖された国際空港、港湾、国境検問所のすべての入国審査において、「組織的で厳密な」入国管理手続きを実施する予定である。

これまで必要だった14種類のビザの代わりに、国境からの入国も含め、外国人の入国には特別な高官からの許可が必要になると、同大臣は各省庁の局長とのzoomミーティングで述べ、国営メディアで報道した。

「無許可で入国する者については、法に基づき対処する」 と述べた。

一方、ラカイン州からの避難民のための帰還計画は、外務省、国際連合開発計画及び国際連合難民高等弁務官事務所の間で署名された三者の覚書の規定に従い、連邦政府の指示に従って実施される。

国家元首の指導の下、その国に住むすべての市民および1982年のミャンマー市民権法に基づく民族国家は、市民権に応じて適切な身分証明書を持つ権利を得る、とウミンキャインは述べた。

NVカードは、市民権の審査を受けている人のための国民認証用IDカードである。

引用元: Myanmar times

これにより、ミャンマーへの外国人の入国が不透明となり経済の停滞等が危惧される。
新しい情報がでしだい記述していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です